ソープランド


ソープランドは風俗の王様とも言われている風俗店ですが、限られた地域のみに営業が許されているためソープランド一部のエリアに密集していることがあります。そのようなエリアをソープランド街と言います。

なぜ、風俗の王様と言われるのかはソープランドが日本の風俗店で唯一、本番行為が許されているからです。正確には許されているわけではないですが、ソープランドは、その他の風俗とはお店自体の位置づけが異なり、あくまでもお店自体はお風呂屋というだけで、お客さんに対して浴室を提供するだけになっています。したがって、「特殊浴場」とも言われ、お店は「入浴料」という形でお客さんから料金をもらい、接客する女の子(ソープ嬢)がサービスを行うという形で「サービス料」は別途必要ということになります。本番行為が黙認されているのは、あくまでもソープ嬢とお客との関係ということになっているからなのです。

それが許されるなら何でもアリじゃないかと思いますが、あくまでも昔からあるソープランドでは暗黙の了解が成り立つことで、それ以外だと売春行為で摘発されてしまいます。似たような例で大阪・飛田新地などのある通称「ちょんの間」でも同じような理由で黙認されています。こちらはお風呂屋ではなく、お店は料亭ということで場所を提供しているだけになっています。

このため、ソープランドには必ず浴槽とサウナが完備されていて、接客で使う備品(入浴剤、ボディソープ、歯ブラシ等々)に関しても女の子(ソープ嬢)の私物を使用することになっています。

ソープランドの基本プレイ

ソープランドの基本プレイは、密着洗体→入浴→マットプレイ→ベットプレイになります。まずは入浴前にスケベ椅子に座った状態でソープ嬢が丁寧に体を洗ってくれます。入浴している間にソープ嬢はマットの準備をしてくれていて、終わったら一緒に入浴し会話をしたりイチャイチャしたり「潜望鏡」をしてくれたりします。そのあとは、大量のローションを使ったマットプレイ、そしてベットプレイという流れになります。ロングコースであればゆっくりと全てのプレイを堪能することができますが、ショートコースであれば、マットかベットのどちらかになってしまいますので、ソープランドで遊ぶ時はロングコースがおすすめです。