セクキャバ(ハードキャバクラ)

セクキャバはキャバクラ同様、全国各地の歓楽街には必ずある夜遊びの定番スポットになっています。楽しくお酒の飲むこともできますが、女の子とイチャイチャできたり、お触りができる飲み屋として人気があります。

セクキャバ(セクシーキャバクラ)には多くの呼び名があり、さらに地域によっても呼び名が異なってきます。「セクキャバ・セクパブ」や「おっパブ・おさわりパブ」が一般的ですが、「ハッスルパブ」や「ハードキャバクラ」と呼んだりする人もいます。
北海道札幌市の歓楽街ススキノだと「キャバクラ」と呼ばれていたり、関西では「サロン」と呼ばれています。似たようなお店にランパブ(キャストがランジェリー姿で接客するキャバ区)やいちゃキャバ(キャストへのソフトタッチがOKでイチャイチャできるキャバクラ)というのがありますが、セクキャバとは別のお店になります。

女の子(キャスト)はランジェリーやコスプレなどセクシーな衣装で接客してくれます。基本は上半身へのお触りやキスはOKで下半身へのお触り(指入れ)は禁止になっているお店が多いですが、地域やお店によって異なります。あくまでも飲食店であり、風俗店ではないのでお客さんは服を脱いではいけません。一部過激なお店だとOKだったりします。

システムはキャバクラと同様で時間制のセット料金、ハウスボトル飲み放題で追加ドリンクは別途で料金が発生します。キャストはマンツーマン接客でフリーもしくは指名制で、お触りがOKというだけであとはキャバクラと変わりません。

ショータイムやハッスルタイムなどがあるお店だと、その時間はトップレスになりお客さんの膝の上に乗っかっておっぱいを揉むことができます。このように一言でセクキャバと言っても地域差があったりお店によってシステムが全然違うため曖昧なお店でもあるため、呼び名もいろいろあるのだと思います。より過激で過剰サービスで有名なのは、北海道札幌市の歓楽街ススキノや福岡市の歓楽街中洲でカワイイ女の子が多く料金も関東と比べて安いのでおすすめです。