男性が若妻を好む理由

人妻好きの男性には、40代・50代の熟女と呼ばれる女性を好む人と、20代・30代の若妻・幼妻と呼ばれる女性を好む人がいます。今回はそんな若い奥さん(若妻)が人気の理由について解説していきます。

何歳から熟女で、何歳まで若妻と呼ぶのかがよく議論になりますが、30代後半から熟女と呼ぶのが一般的であり、熟女ではない人妻を若妻と呼ぶ人が多いようです。20代で結婚していれば絶対に若妻と呼ばれますが30代であれば熟女と呼ばれたり若妻と呼ばれたりは、その女性の見た目によって変わってくる場合があります。

ちなみに「若妻」という単語は、主にアダルト業界で使われることが多く、デリヘルや風俗などでは使いますが一般の人はあまり使うことはありません。また、晩婚化が進んでいるので、20代で結婚する女性は減ってきているので、若妻さん自体が年々減少しているということになります。

若妻の魅力というのは、若くして結婚しているので男性経験が少なく欲求不満というイメージがあるようです。
結婚して人妻となってしまっても、年齢が若く容姿・見た目は変わらないので街を歩いていたらナンパされることもよくあるでしょう。また、友達で結婚している人が少ないことから、友達と合コンをしたり夜遊びをしたいなど、まだまだ遊び足りない、もっと遊びたいと思ってしまう事が多いようで、不倫や夜遊びなど人妻とは思えない若妻が多いのが現状みたいです。

やはり20代や30代前半であれば、まだまだ遊びたい年頃です。どれだけ旦那さんを愛していたとしても、一夜限りだとしても恋をしたい年頃なのです。そんな若妻が出会い系サイトを利用したり、旦那に内緒で人妻デリヘルで働いているのです。

この年頃の女性は、特にオシャレに敏感であるので、洋服にブランド物、化粧品、エステ代などお金がかかってしまいます。そんな女性がお金目的で風俗で働いてしまうということが多くあるようです。
軽い気持ちで人妻風俗で働く若妻さんは、よく考えて働いてほしいものです。