Author Archives: enjoymanabi.net

マダム・セレブと呼ばれる人妻

男性の中には人妻=マダムというイメージがあり、お金持ちだったり貢いでくれると思っている人がいるでしょう。たしかにセレブな人妻は多くいますが、すべての人妻がお金持ちであるはずはありません。マダムというイメージは多分、映画やドラマなどが影響していると思います。しかし、男性ならマダムやセレブ妻とお相手してみたいと思ったことはあるでしょう。そんな人妻の魅力について解説していきます。

セレブ妻は当然、お金持ちで一般の家庭より裕福な生活を送っています。住まいも高級マンションであったり、高級住宅街に一軒家を持ってることが多いでしょう。美に関しても毎月それなりのお金を使って磨きをかけているので、普通の人妻より美しかったりします。洋服やアクセサリーにもお金をかけているので多くのブランド品を所持していることでしょう。

車だって高級車を複数台所有していたり、家事は家政婦がやっているかもしれません。休みに日はゴルフを楽しんだり旅行に行ってるかもしれません。しかし、そんなセレブ妻だって人間ですから性欲があり、欲求を満たされなければ欲求不満になります。

これはあくまでも想像や噂ですが、セレブ妻たちはそんな欲求不満を豪華なパーティーを開いたりショッピングすることで欲求不満を解消しているのではないでしょう。さらに、お金を貢いで愛人を囲っているかもしれません。いわゆる逆援助ということになります。\r\nしかし、これはあくまでも映画やドラマでよくみる光景であり、実際にそんなセレブ妻がいるのかはわかりません。ただマダムやセレブ妻であっても欲求は溜まりますから、本当に出会い系を利用して逆援助をして欲求不満を解消しているかもしれませんね。

男性が若妻を好む理由

人妻好きの男性には、40代・50代の熟女と呼ばれる女性を好む人と、20代・30代の若妻・幼妻と呼ばれる女性を好む人がいます。今回はそんな若い奥さん(若妻)が人気の理由について解説していきます。

何歳から熟女で、何歳まで若妻と呼ぶのかがよく議論になりますが、30代後半から熟女と呼ぶのが一般的であり、熟女ではない人妻を若妻と呼ぶ人が多いようです。20代で結婚していれば絶対に若妻と呼ばれますが30代であれば熟女と呼ばれたり若妻と呼ばれたりは、その女性の見た目によって変わってくる場合があります。

ちなみに「若妻」という単語は、主にアダルト業界で使われることが多く、デリヘルや風俗などでは使いますが一般の人はあまり使うことはありません。また、晩婚化が進んでいるので、20代で結婚する女性は減ってきているので、若妻さん自体が年々減少しているということになります。

若妻の魅力というのは、若くして結婚しているので男性経験が少なく欲求不満というイメージがあるようです。
結婚して人妻となってしまっても、年齢が若く容姿・見た目は変わらないので街を歩いていたらナンパされることもよくあるでしょう。また、友達で結婚している人が少ないことから、友達と合コンをしたり夜遊びをしたいなど、まだまだ遊び足りない、もっと遊びたいと思ってしまう事が多いようで、不倫や夜遊びなど人妻とは思えない若妻が多いのが現状みたいです。

やはり20代や30代前半であれば、まだまだ遊びたい年頃です。どれだけ旦那さんを愛していたとしても、一夜限りだとしても恋をしたい年頃なのです。そんな若妻が出会い系サイトを利用したり、旦那に内緒で人妻デリヘルで働いているのです。

この年頃の女性は、特にオシャレに敏感であるので、洋服にブランド物、化粧品、エステ代などお金がかかってしまいます。そんな女性がお金目的で風俗で働いてしまうということが多くあるようです。
軽い気持ちで人妻風俗で働く若妻さんは、よく考えて働いてほしいものです。

ピンサロ(ピンクサロン)

ピンサロは全国の風俗が盛んなエリアの繁華街や駅前によくある風俗店で、料金も3,000円~5,000円で時間も10分~30分程度なので気軽に行けて遊べる風俗の定番と言えるお店です。最近はあまり見かけませんが、ピンサロで本番行為を行っている「本サロ」と呼ばれていたお店もありました。

ピンサロ(ピンクサロン)は飲食店扱いの風俗店のため、店内に個室やシャワールームはありません。サービスを受ける場所はソファーで区切られただけのスペースのため、隣同士がとても近いので店内は薄暗く大音量のBGMが流れています。ただソファーのみというお店やフラットシートで簡単な間仕切りのお店、カーテンなどで仕切られているお店などがあり、どのお店も飲食店なので必ずドリンクサービスがあります。愛知など東海地方などだとキャンパブと呼ばれているようです。

まずは受付で指名の有無の確認と料金を前払いで払うと座席に案内されます。そのとき、手の消毒と爪が長くないかチェックされます。座席で待っていると女の子がやってきて時間がスタートします。まずは軽い会話をしていきなりサービスに入りますが、シャワーがないので女の子が持参してくるおしぼりで綺麗に拭いて消毒してくれます。綺麗に拭いてもらったら手コキやフェラでのサービスが基本になりフィニッシュして終了になります。女の子は全裸もしくはトップレスになってくれて、タッチもOKなので狭いですがシックスナインを頑張ってしている人もたまにいます。

料金は激安店だと3,000円からで遊べるお店があったりしますが、5,000円~8,000円が相場になっています。短時間で手っ取り早く遊べる風俗店なので人気がありますが、激安店だと地雷を踏む確率が高かったり、おしぼりでの消毒だけのため不衛生で病気を移されるリスクが高いことや、個室ではないので周りのが気になってしまったり、常に店員さんが見回りのため覗かれているなどが嫌だという理由でピンサロを利用しないという人も多いようです。

人妻風俗で遊ぶなら

近年は人妻デリヘルを代表するように人妻系の風俗がとても増えているようです。それだけ世の中の男性が人妻・熟女に魅了されているということがわかります。人妻と遊びたいと思っても相手は人の妻ですから、そう簡単にプレイベートで会うこともできませんし、ましては夜の関係になることも難しいのが現状なのです。

そんな男性たちが欲求を満たすために、人妻デリヘルなどの人妻と遊べる風俗を利用しているのです。風俗店も人妻デリヘルに需要があるとわかる系列店として人妻デリヘルをオープンさせたりするので、さらに人妻系の風俗が増えている傾向にあります。
昔であれば、鶯谷や大塚など一部の地域でしかなかった人妻風俗が今や全国で増えてきています。

人妻デリヘルの特徴

このように人妻風俗が増えてきており、風俗店も人妻デリヘルであってもお店独自の特色を出して差別化するようになりました。熟女(40代~50代)専門のお店であったり、若妻(20代~30代)専門など年齢で特色を出してみたり、リアルな人妻をアピールするお店であったり、人妻とのデート気分を味わってもらうために待ち合わせをしたりデートコースを用意するなどお店側も必死になっています。

人妻デリヘルの特徴

中には本当に60代~60代後半の本当のおばさんがお相手をするお店や、セレブなマダムがお相手する高級店も出てきています。最近はAV(アダルトビデオ)でも人妻や熟女のタイトルが増えてきており、今まで人妻や熟女に興味がなかった男性客も取り込もうとしている感じがあります。

今はインターネットで簡単に人妻デリヘルを探せる時代ですから、人妻に魅了された男性客が人妻風俗を利用しているので、風俗業界も人妻に力を入れる時代はこれからも続きそうです。

デリヘル店が増えている理由

全国各地に風俗街と呼ばれる風俗店が密集している地域がありますが、どこの地域でも今は取締りや規制が厳しくなり規模は縮小傾向で店舗数も減少しているのが現状です。有名な話では、NK流で有名だった埼玉県の西川口駅前には多くの風俗店がありましたが、一斉取締りをおこなった結果、風俗店は数店のみになり風俗街とは呼ばれなくなりました。

新規で営業許可が下りないことが多く、既存店から店舗を譲り受ける以外では新規出店は難しいということや、男性客の風俗離れが進んでいる近年では開業費を抑えるために無店舗という形で運営できるデリヘル店が増えてきています。そんな影響で、今は風俗=デリヘルとも言える程、デリヘル店が増えています。

デリヘル店のサービス

そのような影響からデリヘル店も他店と差別化を図ったり、ユーザー満足度をあげるために様々なサービス・イベントを行い、そのお店独自の特色をアピールすることでユーザー獲得に必死なのです。

料金で言えば60分一万円以下で遊べる激安店が増えていますが、あえて高級店と呼ばれる三万円以上からというお店も増えてきています。年齢で言えば人妻デリヘル・熟女デリヘルのような30代や40代、中には50代というキャストを集めているお店が増えてきているようです。

サービス内容でいえば、待ち合わせ型デリヘルでデート気分を味わえたり、AFや即尺など有料・無料オプションを充実させるお店が増えてきています。さらにホテルパック(ホテル代込み)や早朝割引などのイベントを実施してアピールするお店が増えてきています。

セクキャバ(ハードキャバクラ)

セクキャバはキャバクラ同様、全国各地の歓楽街には必ずある夜遊びの定番スポットになっています。楽しくお酒の飲むこともできますが、女の子とイチャイチャできたり、お触りができる飲み屋として人気があります。

セクキャバ(セクシーキャバクラ)には多くの呼び名があり、さらに地域によっても呼び名が異なってきます。「セクキャバ・セクパブ」や「おっパブ・おさわりパブ」が一般的ですが、「ハッスルパブ」や「ハードキャバクラ」と呼んだりする人もいます。
北海道札幌市の歓楽街ススキノだと「キャバクラ」と呼ばれていたり、関西では「サロン」と呼ばれています。似たようなお店にランパブ(キャストがランジェリー姿で接客するキャバ区)やいちゃキャバ(キャストへのソフトタッチがOKでイチャイチャできるキャバクラ)というのがありますが、セクキャバとは別のお店になります。

女の子(キャスト)はランジェリーやコスプレなどセクシーな衣装で接客してくれます。基本は上半身へのお触りやキスはOKで下半身へのお触り(指入れ)は禁止になっているお店が多いですが、地域やお店によって異なります。あくまでも飲食店であり、風俗店ではないのでお客さんは服を脱いではいけません。一部過激なお店だとOKだったりします。

システムはキャバクラと同様で時間制のセット料金、ハウスボトル飲み放題で追加ドリンクは別途で料金が発生します。キャストはマンツーマン接客でフリーもしくは指名制で、お触りがOKというだけであとはキャバクラと変わりません。

ショータイムやハッスルタイムなどがあるお店だと、その時間はトップレスになりお客さんの膝の上に乗っかっておっぱいを揉むことができます。このように一言でセクキャバと言っても地域差があったりお店によってシステムが全然違うため曖昧なお店でもあるため、呼び名もいろいろあるのだと思います。より過激で過剰サービスで有名なのは、北海道札幌市の歓楽街ススキノや福岡市の歓楽街中洲でカワイイ女の子が多く料金も関東と比べて安いのでおすすめです。

ソープランド

ソープランドは風俗の王様とも言われている風俗店ですが、限られた地域のみに営業が許されているためソープランド一部のエリアに密集していることがあります。そのようなエリアをソープランド街と言います。

なぜ、風俗の王様と言われるのかはソープランドが日本の風俗店で唯一、本番行為が許されているからです。正確には許されているわけではないですが、ソープランドは、その他の風俗とはお店自体の位置づけが異なり、あくまでもお店自体はお風呂屋というだけで、お客さんに対して浴室を提供するだけになっています。したがって、「特殊浴場」とも言われ、お店は「入浴料」という形でお客さんから料金をもらい、接客する女の子(ソープ嬢)がサービスを行うという形で「サービス料」は別途必要ということになります。本番行為が黙認されているのは、あくまでもソープ嬢とお客との関係ということになっているからなのです。

それが許されるなら何でもアリじゃないかと思いますが、あくまでも昔からあるソープランドでは暗黙の了解が成り立つことで、それ以外だと売春行為で摘発されてしまいます。似たような例で大阪・飛田新地などのある通称「ちょんの間」でも同じような理由で黙認されています。こちらはお風呂屋ではなく、お店は料亭ということで場所を提供しているだけになっています。

このため、ソープランドには必ず浴槽とサウナが完備されていて、接客で使う備品(入浴剤、ボディソープ、歯ブラシ等々)に関しても女の子(ソープ嬢)の私物を使用することになっています。

ソープランドの基本プレイ

ソープランドの基本プレイは、密着洗体→入浴→マットプレイ→ベットプレイになります。まずは入浴前にスケベ椅子に座った状態でソープ嬢が丁寧に体を洗ってくれます。入浴している間にソープ嬢はマットの準備をしてくれていて、終わったら一緒に入浴し会話をしたりイチャイチャしたり「潜望鏡」をしてくれたりします。そのあとは、大量のローションを使ったマットプレイ、そしてベットプレイという流れになります。ロングコースであればゆっくりと全てのプレイを堪能することができますが、ショートコースであれば、マットかベットのどちらかになってしまいますので、ソープランドで遊ぶ時はロングコースがおすすめです。

キャバクラ・ラウンジ

キャバクラは全国各地の歓楽街には必ずある夜遊びの定番とも言えるお店ですが、地域によってサービス内容や料金は全然違います。さらに、女の子が接客してくれるお酒の飲めるお店をキャバクラとまとめて呼ぶことが多いですが、呼び名も地域やお店の種類によって異なってきます。

北海道・東北地方(関東以北)最大の歓楽街、「札幌市・すすきの」だとキャバクラのことは「ニュークラブ」と呼ばれていて、キャバクラと呼ばれるお店はセクキャバになります。九州(特に福岡県)でもキャバクラというとセクキャバのお店のことを意味することが多くあり、一般的なキャバクラのことは「ラウンジ」と呼ぶことが多いようです。セクキャバになるとお触りが許されたり、女の子(キャスト)の衣装も過激になってきます。キャストの衣装がランジェリーになるお店はランジェリーパブ(ランパブ)と呼ばれることもあります。

全国的にラウンジと呼ぶ地域は多いようですが、ラウンジだとどちらかというとガールズバーやスナックに近いようなお店のことをラウンジと呼んでいて、時間制のお店だとキャバクラと呼んでいることが多くあります。

ラウンジとキャバクラの違いは明確で、時間制(セット料金)であるか、女の子が指名制であるか、女の子がお客一人に対して一人(マンツーマン)が接客するかなどが違いますので分かりやすいのですが、ラウンジやクラブ、スナック、ガールズバーになると違いはかなり曖昧で料金体系やキャストの年齢などお店の雰囲気によって使い分けている感じがあります。キャバクラにはママと呼ばれる女性はいませんが、ラウンジやクラブになるとママと呼ばれる女性が必ずいてお店を仕切っています。

料金はキャバクラなら1セット(40分~60分)で5,000円が相場ですが、高級店だと8,000円~10,000円というお店も都内では多くあり、逆にすすきのや博多だともっと安く遊べるお店がたくさんあります。ラウンジやスナックになると料金は曖昧になりチャージ代(席料)と飲み物代、ボトル代になりママの気分次第で料金が変わるお店が目立ちます。